世代交代が進む 北海道の一般用気動車 〜その1〜

北海道のローカル列車に使用される車両,大都市圏の札幌や旭川あたりでは電車も活躍中ですが,全土に広がるのは一般用気動車,代表格はキハ40・キハ54です.その置換え用として2019年に登場したのが電気式気動車のH100形で,いよいよ北の大地のローカル気動車にも世代交代の波がやってきました.本稿は,道内の全一般用気動車についてまとめるもので,1回目となる今回は旭川運転所と苫小牧運転所について取り上げます.執筆は道内在住の冨永昌嗣さんで,最新のH100形はもちろん,10月にお目見えしたばかりのキハ40新色「カムイサウルス(むかわ竜)復興トレイン」もご覧いただけます.

鉄道ファン2021年12月号表紙

『鉄道ファン』2021年12月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.