本ページは,ご使用のブラウザでは正常に表示されません.
鉄道ファン2019年4月号(通巻696号)表紙
発売日:2019年2月21日
定価(本体1046円+税)
この号を購入する(紙版・電子版)

鉄道ファン2019年4月号の誌面から

新在家派出所105系 全編成概観
JR西日本は,来たる2019(平成31)年3月16日のダイヤ改正で,新形車両227系1000番台を投入します.これにより吹田総合車両所日根野支所新在家派出所(以下,新在家派出所)の105系や117系が順次引退します.同所の105系については,2連2本が0番台ですが,それ以外は,ほぼすべてがかつて常磐緩行線用に新製された103系1000番台だった車両です.こちらは,現在2連19本が在籍し,車体の側面や車内は,現在残る103系よりも103系らしい雰囲気を醸し出しています.さらに,モハ102形0番台を種車とした車両が交じり,各種の改造工事により,多くのバリエーションが生まれました.そこで,現在も活躍している新在家派出所の105系で,こうした103系改造車による編成,全編成の姿を一挙にご覧に入れましょう.227系1000番台のデビューにより数を減らす前に,和歌山線,桜井線(万葉まほろば線)に出かけて,105系を観察していただきたいと思います.

■紙版

■定期購読(紙版)

■電子版

※以下の電子書店で配信予定です.
※販売開始日時は,各電子書店で異なるのでご注意ください.

定期購読について

『鉄道ファン』の定期購読は,セブンネットショッピングHonya Club.come-honなどをご利用ください.販売会社によって,購読料金や配達に必要な日数が異なりますのでご注意ください.