2020年7月号

発売日:2020年5月21日
特別定価(本体1136円+税)

JR旅客会社の車両配置表が付録の,毎年恒例の特集号が今年もいよいよ発売です.巻頭記事「JR車両ファイル2020」では,この1年間に生じたダイヤ改正の話題,JR各社の話題を取り上げ,「車両のうごき」では存廃形式一覧を,「現在も活躍する国鉄形車両」では現在,国鉄形がどれだけ生き永らえているかをまとめました.今月号では新車・CARINFOの紹介はありませんが,それ以上に(JRの)車両動向を記した資料性の高い一冊となっています.このほか,形式記号「ユ」が消滅する一方で「GV-E」や「キラ」などユニークな形式記号が出現しており,これらを解説した「珍しい記号の車両」や,人気の連載「プレイバック展望館」,「入換運転」,「西武20m3扉車の系譜」など,さまざまな記事を集めました.話題満載の7月号をどうぞお楽しみください.

2020年8月号予告

2020年8月号

〈千駄ヶ谷駅・舛掛尚則〉

8月号の特集は,今年7月から開催予定だった東京オリンピック・パラリンピックに向け,各種整備された鉄道インフラの数々,終電延長や終夜運転などの運転計画を現状取材できる範囲でまとめたものです.当初は「オリンピック輸送」との特集タイトルを予定しておりましたが,これを改め「東京圏鉄道未来図2020」としてお届けいたします.これらはいずれも計画に終わりましたが,来年こそ開催されるオリンピック・パラリンピックに向け,必ずや十二分に活用されることでしょう.このほか,すでに営業運転を開始したE261系の新車ガイドや,神奈川臨海鉄道DD601号機の全検のもようなどを掲載できる予定です.