2022年1月号

発売日:2021年11月19日
特別定価1250円(税込)

巻頭特集では,民鉄に籍を置くもと国鉄・JR籍の車両を集めました.現在,JRでは各地で国鉄形の更新を進めており,その数は減少の一途,近年では廃形式も目立つようになってきました.その一方で,在籍する国鉄形を「売り」として営業運転に用いる民鉄も少なくありません.そうした国鉄形をここで取り上げてみましょう.また,新車ガイドではJR貨物のDD200形をベースとしたJR九州車(700番台)を,速報では表紙にも扱ったJR西日本の検測車DEC741形をピックアップ.乗車インプレでは「或る列車」の新ルート・新メニューをご覧いただけます.この他,315系の投入により既存車の動向が気になるJR東海・在来線の模様や,降雪期を前に,今季の除雪車事情など,時節柄気になる各地・各車の事情も盛り込み,好評の連載「プレイバック展望館」では,山科・大カーブの古き良き時代の様子を収録いたしました.蒸機から最新の電車まで,今月号もさまざまなコンテンツをお楽しみいただけます.

2022年2月号予告

写真:キハ80系

〈写真:キハ80系"おおぞら"13連・手塚一之〉

このほど「サンロクトオ」ダイヤ改正(1961年10月)からちょうど60年を迎えました.ここで生まれた特急の一つが北海道の"おおぞら"であり,キハ82を先頭にした特急形気動車でした.2月号ではこの"おおぞら"の列車物語を特集として取り上げ,懐かしいキハ82の写真も多数掲載予定です.また,JR四国の2000系気動車についても,車歴表を交えてこれまでの歩みを簡単に説明いたしましょう.そして新車登場が迫るなか,全車が揃う東武100系の見どころもご案内したいと思います.