『交通フェスティバル2018in名谷車両基地〜B‐FREE〜』開催

『交通フェスティバル2018in名谷車両基地〜B‐FREE〜』開催

神戸市交通局では,2018(平成30)年9月24日(月休),毎年恒例の『交通フェスティバル2018in名谷車両基地〜B‐FREE〜』が開催されました.
 昔懐かしい神戸市電と当時の貴重な資料を展示している市電庫の公開や,動くミニ電車,市バス・地下鉄の運転台見学などのほか,3000形3126編成「市電デザイン電車」を使用した車両洗浄機通過体験,事前募集制の地下鉄運転シミュレーター体験,ピットツアーが行なわれました.さらに今回は当日の臨時企画として,名谷駅長発案の「ぴったりときっぷをつかめるか」ゲーム(使用済み磁気券を目標枚数だけ一度につかみどりするというもの)が行なわれ人気を集めていました.
 基地内の留置線には,連日試運転が行なわれている新形車両の6000形6129編成・6130編成と,営業運転をする編成のなかでは最古参の1000形1102編成が並べられました.

写真:名谷車両基地にて 2018-9-24
投稿:足立 鷹祐

掲載

鉄道ファン2018年11月号

新着記事