ことでん600形が試運転で琴平へ

ことでん600形が試運転で琴平へ

高松琴平電気鉄道では,2019(令和元)年6月24日(月),琴平線で600形4両編成(605+606+603+604)による試運転が実施されました.
 600形が滝宮—琴電琴平間に入線するのは初めてと思われます.各駅では,ホームと乗降ステップの間隔を測定していたようです.
 600形は,大形車とは違い,琴平線では高松築港—一宮間での運用となっていましたが,今後,運用に柔軟さをもたせる目的で,琴平線全線で運用されるのか,注目されます.

写真:羽間—榎井間にて 2019-6-24
投稿:宮島 健太

掲載

新着記事