“SLもおか”の重連運転実施

“SLもおか”の重連運転実施

真岡鐵道では,2019(令和元)年10月14日(月祝),“SLもおか”で重連運転が実施されました.
 往路はC11 325が,復路の茂木→真岡間はC12 66が先頭で運転されました.また,朝の真岡→下館間の送込み回送ではC11 325とC12 66のプッシュプル運転となりました.
 今回の重連運転は,2018(平成30)年6月17日以来,約1年4ヵ月ぶりで,台風19号の影響で運転が危ぶまれましたが無事に運転されました.C11 325は,東武鉄道への売却が決まっていることから,沿線には多くの人が集まりました.

写真:寺内—真岡間にて 2019-10-14
投稿:中安 喜一

掲載

新着記事