やっぱり気になる103系 3

103系の現状を確認する連載企画の3回目.これまで播但線用3500番台,加古川線用3550番台,和田岬線用0番台と見てきましたが,最終回となる今回は筑肥線用1500番台を取り上げます.JR九州の唐津車両センターに配置されている同車は,先頭車化改造車を含む3連のみが残り,運用も筑前前原以西に限定されており,地下鉄に乗り入れる姿を見ることはできません.そんな1500番台の現状と,今後の展望について佐藤利生さんが解説します.

鉄道ファン2022年11月号表紙

『鉄道ファン』2022年11月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.