信越本線・新碓氷川橋梁

碓氷峠の橋梁というと,アプト式時代に使われていたれんが造りのアーチ橋を思い起こす方が多いでしょうが,今回紹介するのは,粘着式時代に使われていたコンクリートアーチ橋の新碓氷川橋梁です.アプト式時代の構造物と比べると,歴史的価値に差があるように感じるかもしれませんが,新碓氷川橋梁は当時の鉄道用鉄筋コンクリートアーチ橋として最大径間を誇る,特筆すべきものなのです.アプト式から粘着式への移行期も含めて詳述していますので,その歴史と構造物としての意義をご確認ください.

鉄道ファン2022年5月号表紙

『鉄道ファン』2022年5月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.