3000系編/新101編補遺

戦後,西武鉄道で連綿と受け継がれてきた20m3扉車,その最後を飾る形式が3000系です.長期にわたりお届けいたしました連載「西武鉄道20m3扉車の系譜」,今回は,この3000系を詳説いたします.通勤形の20m3扉車を積極的に導入し続けた西武鉄道も,3000系の後は4扉車の増備を本格化させ,3000系は先輩にあたる2000系よりも先に西武鉄道線を去ることになりましたが,そうした経緯についても,お伝えします.いっぽう,現在も西武鉄道に残っている唯一の20m3扉車,新101系のワンマン車ですが,先の4月号の本連載「新101系 後編」で取り上げてからも興味深い動向が見られましたので,あわせてご紹介いたします.

鉄道ファン2021年6月号表紙

『鉄道ファン』2021年6月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.