車両のうごき 2018-2019/現在も活躍するJR旅客会社の国鉄形車両

「車両のうごき」ではJRグループ各社における2019(平成31)年4月1日現在の各車両を配置区別,形式別にまとめた別冊付録をベースに,この一年間で新たに誕生した,あるいは消滅した形式や区分番台を紹介した最新版です.
 2018-2019年版は,昨年ほどの賑やかさはないものの,E351系や121系など最近まで稼働していた車両が一挙に廃形式となったほか,クハ481形やキハ28形といった国鉄時代では多数派形式だったグループの基幹形式が過去帳入りしているのがわかります.
 このようなうごきに連動して,「現在も活躍するJR旅客会社の国鉄形車両」で取り上げている車両も,残存率が急激に減少,平成の時代を乗り越えた国鉄形車両も令和という新時代を迎えて,いよいよ「終えん近し」の感がますます高まってきました.国鉄の分割民営化が行なわれた1987(昭和62)年との比較,そして前年2018(平成30)年との数値を比較のうえ,各形式の現状をぜひ確認してみてください.

鉄道ファン2019年7月号表紙

『鉄道ファン』2019年7月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.