JR車両ファイル2019

この1年間を振り返る毎年恒例の特集「JR車両ファイル」の最新版をご覧いただきましょう.大きなできごとと言えば,年度末の3月に生じた変化が多く,おおさか東線の全線開業,石勝線夕張支線の廃止,中央東線ではE257系からE353系への全面的な移行がなどありました.なお,首都圏では東京2020に向けて各線各駅で改良が続き,山手線へのE235系投入にともない,さまざまな線区の車両が入れ替わっています.また,平成から新元号・令和に改まりましたが,キハ40・キハ183系,103・201系,EF65・EF81形など,まだまだ昭和生まれの車両が多数活躍しているのも見逃せません.

鉄道ファン2019年7月号表紙

『鉄道ファン』2019年7月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.