入換運転を見る06

今回はJR北海道の釧網本線標茶での蒸機による入換運転と,JR貨物の関西本線富田における三岐鉄道三岐線との間の貨車のやり取りを通じ,構内で行なわれる入換運転について取り上げます.釧網本線は2019年冬シーズンの運転を終了してしまいましたが,当地はロケーションの良さなどから外国人観光客の利用も多いため,次のシーズンにも引き続き運転が行なわれるものと思われます.一方の関西本線富田は,セメントやフライアッシュなどを輸送するための特徴ある貨車と,いよいよ数少なくなってきた,貨物用DD51と民鉄機関車とのやりとりを間近で見ることができる貴重な場所となっています.

鉄道ファン2019年6月号表紙

『鉄道ファン』2019年6月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.