仙台→釜石、鉄道からBRTへ

東日本大震災で被災した鉄道の復旧は,宮城県の気仙沼・大船渡線の一部ではBRT(バス高速輸送システム)により行なわれました.この3月23日に誕生した三陸鉄道リアス線,南側の起点盛駅には,かつては鉄道により訪れることができましたが,今はどのようになっているのでしょうか.釜石駅での三陸鉄道リアス線開業式典に向かう松本典久さんが,仙台からBRTを含めた現ルートをたどります.ハイブリッド車・HB-E210系,キハ110系,専用バス,そして36-700形で結ばれた復旧区間の今をレポートします.

鉄道ファン2019年6月号表紙

『鉄道ファン』2019年6月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.