京急2100形

1990年代に登場し,現在も全車が元気に活躍する形式,とくに特急運用車を紹介する連載の4回目として,京急2100形を取り上げました.ご存じのように転換式クロスシートを装備,京急自慢の快特を中心に現役の当形式は,登場から20年あまりが経過し,機器更新などは受けていますが,今も第一線でがんばっています.本稿では編成個々の特徴や現在の運用などをきるだけ簡単にわかりやすく,誰もが興味を持てるよう当形式の魅力をご案内.ちなみに今月号では,先のダイヤ改正での車両存廃情報をいくつも取り上げておりますが,やはり引退間際に注目される形式がほとんどです.縦横無尽に運用される旬の時期にその形式をとらえておけば良かった...と感じることもあるのではないでしょうか.京急2100形は今が旬です.ぜひ全車健在の今,見て乗って,記録しておきたいものです.

鉄道ファン2022年6月号表紙

『鉄道ファン』2022年6月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.