特集:寝台特急"瀬戸"の50年

現在,唯一の定期夜行列車(特急)として運行されている285系"サンライズ瀬戸"は,その前身であるブルートレイン時代から数え,今年の3月で登場からちょうど50年,半世紀を迎えました.285系での運転ももはや24年ほどとなりますが,それ以前は20系および24系25形が使用されるブルートレインで,EF65形500番台や同1000番台が先頭に立ち,長大な客車編成をけん引していたものです.今月号では,この寝台特急"瀬戸"の50年と,急行時代の姿も前史として解説,その全容を改めて眺めてみたいと思います.なお,急行時代の最末期には,14系寝台車が"瀬戸"に先行試用されており,"瀬戸"はブルートレインとの関わりが深い列車の一つでもありました.こんなエピソードを交え,"瀬戸"の半生をご覧ください.

鉄道ファン2022年6月号表紙

『鉄道ファン』2022年6月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.