2022.3.12 JRグループダイヤ改正

この3月12日,今年も全国一斉のJRダイヤ改正が実施されました.新形式による優等列車の誕生は見られず,全国的に減便,縮小傾向の見直しとなりましたが,やはり気になるのは国鉄形をはじめとした引退形式の数々です.JR北海道ではH100形の大量投入により,帯広・釧路地区からキハ40形ついに撤退,JR東日本では新潟地区に残っていた115系が消滅し,管内での同系運用車がなくなりました.JR東海では最後の国鉄車・211系0番台が運用を終え,JR西日本でも103系や201系に触れる機会が大幅に減りました.EF67形の引退にも時世の変化を感じたものです.これら全国の改正模様を集め,ダイジェストで報告いたします.

鉄道ファン2022年6月号表紙

『鉄道ファン』2022年6月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.