豊橋鉄道豊橋市内線 全国の路面電車を対象に,最近40年間の軌跡を振り返る連載企画の4路線目.今回は豊橋鉄道豊橋市内線を取り上げています.豊橋駅前から赤岩口までの4.8kmと,その途中の井原と運動公園前とを結ぶ0.6kmの路線を持つ同線は,正式名称を東田本線と言い,名鉄の600V線区の廃止後は東海地方唯一の路面電車となっています.他社から譲渡された車両が多数を占めていましたが,2008年には創業以来83年ぶりとなる自社発注の新車T1000形が登場するなど,車両の更新も進んでいます.そんな豊橋鉄道豊橋市内線の最新の乗車記と,直近40年間の在籍車両の変遷や路線の延伸などを,いつものように寺田裕一さんが解説します.
鉄道ファン2023年3月号表紙

『鉄道ファン』2023年3月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.