いのうえ・こーいち/忘れ得ぬ鉄道情景3

SLブームの時代とその周辺を回顧するシリーズの3回目.今回は岐阜県の明知線(現在の明知鉄道)と,ここで活躍したC12形を眺めてみることにいたしましょう.当線は全長25kmほどの盲腸線ですが,実は中央本線と東海道本線を結ぶ,大規模な中継路線となる計画があったのをご存じでしょうか.もちろん計画のみではありましたが,そんな「野望」を持っていた路線と知ると,明知線の見方も変わります.また,小路線ではあるものの,蒸機運転の魅力の一つ,起伏に富んだ地形を有し,小形機C12形の奮闘も忘れることはできません.駅頭の情景など,当時の明知線を思い出してみたいと思います.

鉄道ファン2021年9月号表紙

『鉄道ファン』2021年9月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.