真岡鐵道

赤字ローカル線を転換,第三セクター鉄道として生まれ変わった鉄道を紹介する連載企画.今回はJR真岡線を転換,1988年4月1日に開業した真岡鐵道を取り上げます.開業当初は長さが15mほどのLE-Carが走るだけでしたが,その後,C12 66号機が運転を開始し,今では「真岡鐵道と言えばSL」というほど有名になったのは皆さん,ご存じのとおりです.首都圏に近い第三セクター鉄道としても有名な真岡鐵道の転換開業時の様子,その後の変化,そして最新事情を寺田裕一さんが紹介します.

鉄道ファン2021年2月号表紙

『鉄道ファン』2021年2月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.