品川客車区-2

前回から時代が少し下り,10系や20系以後の品川客車区の陣容を紹介します.「走るホテル」と称された20系客車は統一された塗色をまとい,寝台特急"あさかぜ"用としてデビュー.冷暖房を完備し,オーソドックスな3段式の寝台車に加え,個室寝台車や食堂車,座席車など豊富なバリエーションを誇りました.そしてその前後には,軽量構造の10系客車もお目見えし,こちらはおもに急行用として活躍.座席車,寝台車,食堂車のほか,郵便車なども製造されました.やがてニュー・ブルートレインと呼ばれた14系や24系が誕生.居住性は格段に改善されましたが,現在ではそれらすらも過去帳入りしてしまいました.

鉄道ファン2019年12月号表紙

『鉄道ファン』2019年12月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.