カシオペア20周年

E26系"カシオペア"は1999年7月の営業運転を開始から,今年でちょうど20年を迎えました.当時3往復あった"北斗星"のうち1往復を置き換え,週3往復を基本とする臨時列車扱いで運転(上野—札幌間)を始めました.その後,"北斗星"が廃止され,北海道新幹線が開業した後も,団臨として北海道へ向けて列車の設定が継続,「四季島」登場後は,管内の観光列車としてさらなる活躍が続いています.本特集では,2018年11月〜2019年2月に行なわれた全般検査の模様や,8月に設定された湯沢行きの乗車レポート,そしてこの20年間の回想など,"カシオペア"に関するさまざまな事柄を取り上げました.

鉄道ファン2019年11月号表紙

『鉄道ファン』2019年11月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.