451系編 前編

かつて,西武鉄道の車両は基本的に20m3扉車が主流でした.こうした車両の系譜を解説する連載「西武鉄道20m3扉車の系譜」をお送りしていますが,今回は,1959(昭和34)年からおよそ20年間,西武鉄道に在籍した451系を取り扱い,詳説いたします.同系は,側扉に画期的な機構を備えており,さらに,じつに複雑な組成の変更が行なわれています.これらについては,今回図や表を掲載して解説いたします.さらに,写真についても,451系の折々の姿をとらえたものを集めて掲載いたしましたので,ご期待ください.

鉄道ファン2019年11月号表紙

『鉄道ファン』2019年11月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.