KTX路線の新たな開業と昨今の韓国鉄道事情

2018年冬季オリンピック・パラリンピック開催に合わせ,大韓民国(韓国)に新たな高速鉄道(KTX)路線が開業しました.同路線が結ぶ区間はかつて,在来線でスイッチバックを経て長時間乗車する必要があったのですが,長大トンネルによって山岳地帯を貫くKTX新線によって,大幅な時間短縮が図られました.これらに関し,在来線の状況までを含めて,米屋こうじさんがレポートしてくださいました.在来線と高速鉄道の軌間が同じという利点を活かせるのは,日本から見るとうらやましいところでもあります.そのあたりの解説もなされています.

鉄道ファン2018年4月号表紙

『鉄道ファン』2018年4月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.