日暮里・舎人ライナー編

新交通システム,とくにAGT方式やHSST方式を採用した路線を,さまざまな切り口から解説してまいりました「ようこそAGTへ 新交通システムのすべて」.前回は,国内で初となるAGTの路線で神戸新交通ポートアイランド線について,その建設,開業のときの話を中心に展開いたしました.それに対して,今回は,日本でもっとも新しいAGT路線,東京都交通局日暮里・舎人ライナーについて採り上げ,その建設,開業時の模様などをお伝えします.
 日暮里・舎人ライナーの300形ですが,腰掛の配置に変化が見られ,編成によっては落成したときから現在までに2回変わっています.その変遷についても,今号でご確認いただけます.