鉄道デザインの100年

創刊700号記念特集として銘打ったのは「鉄道デザインの100年」です.1930年ごろ,世界の流行は,それまでに培われてきた個々の装飾を第一とするアールヌーヴォーから,シンプルかつ大胆なアールデコの時代へと移り変わって行きました.その中で生まれたのが「流線形」です.この「流線形」こそ最初に採り入れられた鉄道(車両)デザインであり,空力的側面が重視される現代の新幹線も,形態的にはこの延長上に位置しています.今特集では,このおよそ100年の間に生じたデザインの変遷を総覧することにいたしました.解説はフリーランスプロダクツ.多数のイラストを交えたカタログ展開で,デザインの歴史をたどってみることにいたしましょう.

鉄道ファン2019年8月号表紙

『鉄道ファン』2019年8月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.