終焉迫る 熊本電気鉄道5000系(4ページ)

●阪神・淡路大震災前の情景(2ページ)
平成7年1月17日未明に発生した阪神・淡路大震災から,今年で20年が経ちます.この災害により,神戸を中心とした鉄道も大きな被害を受けました.今は各線とも復旧していますが,それに際して大幅に姿を変えたものも多くあります.筆者が撮影していた写真から,その姿を変えた駅や車両などを紹介しています.

●終焉迫る 熊本電気鉄道5000系(4ページ)
18mという使いやすい車体長が重宝され,各地の民鉄に譲渡されたもと東京急行5000系.「青ガエル」と親しまれた同系車両ですが,現役で残るのは熊本電気鉄道のみとなりました.その最後の5000系もいよいよ現役を退くこととなり,これを寺田裕一さんにまとめていただきました.懐かしい姿,そして懐かしい場所を走る熊本電鉄5000系の勇姿と,一連の動きがよくわかる記事となっています.