国鉄時代の旅客車設計技術者として大活躍された星 晃さんをしのんでの新シリーズですが,まずは80系湘南形電車です.
ご存知のように,戦後国鉄復興期に東海道本線にデビューした80系電車の長大編成列車は,長距離電車時代の幕開けとして,鉄道車両史上忘れることができません.先頭車クハ86形の1次車は3枚窓で登場しましたが,これは失敗とされ,2次車以降は「鼻筋を通した2枚窓」に変更したと言う経緯について,星さんはたいへんリアルに述懐されています.このあたりが車両ファンにはとくに注目すべきところで,星さんの当時の思い出話を盛り込んだこのシリーズに,大いに期待していただきたいものです.