大手私鉄の形式・車号の付け方 2013 東武・京王・相鉄・近鉄・阪神編

「本誌2002年2月号(通巻490号)」から9回にわたり,「大手私鉄の形式・車号の付け方」と題し,大手私鉄15社と営団地下鉄(→東京メトロ)の車両にどのような形式や車号が付けられてきたのかを,車両自体の解説も交えてご紹介しました.
 あれから10年以上が経過し,各事業者で車両の置換えが進みました.そして,その間の新製車両に注目すると,新形式がたくさん誕生している事業者もあれば,当時の古参車両の形式名を再度利用している事業者もあります.
 そこで今回は,前述の連載の「2013年版」として,これら新製車両を柱として,形式,車号の付け方のおさらい,さらにこの10年間で改番された車両,消滅した形式の解説で構成いたしました.さながら「新形私鉄車両のオンパレード」の様相を呈したページ展開となっており,楽しめます.初回は東武,京王,相鉄,近鉄,阪神で,各社の新形式,廃形式を復習することもできます.