すばらしきDE10の運転技術

久々に,伊藤カメラマンによる運転室添乗が実現しました.今回はセミセンターキャブの特徴的な車体を持つDE10形です.運転室中央に運転台があり,運転士は進行方向に対して半身になるようなイメージで運転操作を行ないます.取り上げる列車はわたらせ渓谷鐵道の"トロッコわたらせ渓谷号".ゆっくり走ることを義務づけられた列車の先頭に立つDE10形の運転室では,どんな運転操作が行なわれているのでしょうか.伊藤カメラマンの鋭い視点が,わたらせ渓谷鐵道に脈々と受け継がれている運転操作の「技」をとらえました.

鉄道ファン2020年12月号表紙

『鉄道ファン』2020年12月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.