相模鉄道車両の話題

2019(令和元)年11月30日,いよいよ相模鉄道とJR東日本による相互直通運転が開始されます.これにより,相模鉄道線では白紙ダイヤ改正が実施され,その運転形態は大幅に変わります.同社の車両について見てみると,相互直通運転のための新製,増備が続く一方で,かつての標準的な仕様「相鉄顔」の前面を有していた7000系初期車が,すでに全廃となっています.そのほかの車両についても,リニューアル工事や外部塗色の変更などいろいろと動きが見られ,そろそろ営業用車両はすべてVVVFインバータ制御の車両となるようです.
 本誌では,ダイヤ改正を目前に控えた今,相模鉄道の車両について,その現況と動向について解説いたします.そして,相模鉄道様のご協力により,リニューアル工事を受けずに残っている9701編成,JRの長野総合車両センターに入場した10701編成について,20000系の増備とそれと置き換わる車両についてなど,まだ広く知られていない情報もお知らせいたします.ぜひご期待ください.

鉄道ファン2020年1月号表紙

『鉄道ファン』2020年1月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.