京浜急行電鉄1000形

京浜急行電鉄の現在の主力,1000形がデビューしたのは2002(平成14)年のことでした.以降,同社の路線でまだ活躍を続けていた初代1000形,そして800形,2000形と置き換わり,現在,1000形は京浜急行電鉄の営業用車両の半数以上を占める陣容になり,京浜急行電鉄の全線で幅広く活躍しています.現在まで17次にわたり製造された1000形は,車両自体のバリエーションも非常に豊富なものになりました.最新の17次車が,ステンレス鋼製の車体を有するにもかかわらず,そのほぼ全面を塗装した仕様で出場したのは記憶に新しいところです.そこで,これを機に1000形のまとめを10ページにわたり誌面展開いたします.京浜急行電鉄の車両について長年研究を重ねて知り尽くされている佐藤良介さんが,製造された時期により異なる点を含めてわかりやすく解説.写真や図表も豊富に掲載いたしました.どうぞご期待ください.

鉄道ファン2018年6月号表紙

『鉄道ファン』2018年6月号電子版

※電子版には一部収録されないページがあります.収録内容は各電子書店でご確認ください.
※販売開始日時は各サイトによって異なります.
※対応端末は,電子書店によって異なります.詳しくは,各電子書店でご確認ください.