JRの事業用電車最新事情

車両工場と車両基地の間で運転台のない中間電動車を回送するためのけん引電車,あるいは新しい技術を開発するための試験電車など,旅客が直接利用できない事業用電車の数々.国鉄時代に比べて種類も両数も大きく減りましたが,まだまだ「あの電車はなに?」という車両が,JR東日本とJR西日本には存在しています.本誌でもおなじみの佐藤利生さんに,その現状をまとめていただきいました.