JR東日本の6扉車

埼京・川越線へのE233系の導入が続いています.これまでの205系とは異なり,E233系7000番台には6扉車が連結されていません.混雑緩和が叫ばれて久しい首都圏の通勤通学輸送でしたが,その切り札として登場したのが6扉車でした.しかし今,急速にその数を減らしています.そこで,6扉車の開発プロセスやその後の展開について,実際に当事者として関わった経歴をお持ちの方に,当時を振り返っていただきました.6扉ではなく5扉とする案や,跳ね上げ式腰掛の開発など,興味深い話が満載です.