タイ国鉄の動態保存蒸気機関車として人気を集めるものは,いずれも日本製で,これらは日本から輸出された機関車のなかでも,もっとも製造両数が多く,現地ではたいへん重宝がられ,大成功を収めた優秀機です.この1編は,動態保存のパシフィック形824,825号機のボイラ更新に当たり,日本メーカーの新製ボイラに載せ替え,そのみごとによみがえった状況を伝える,2ページのレポートですが,「モノづくり日本」の技術力が,タイの蒸気機関車に発揮されたことに,読者の皆さんも誇りのようなものを感じるにちがいないでしょう.