先月号では,東京から東海道本線経由で伊豆修善寺に直結する,温泉行楽列車の変遷をお届けしましたが,本号では,伊豆箱根鉄道駿豆線内の電車の半世紀をご覧にいれましょう.もとの国電が活躍した旧形車の時代から現在のステンレス車まで,駿豆線電車の歩みが貴重な記録を中心に,国電や私鉄電車のお好きな皆さんには,たいへん興味深く誌上展開されています.