東京鉄道遺産をめぐる 30

「帝都の赤絨毯」新永間市街線として最終回となる「その6」では,新橋駅から浜松町駅にかけての構造物を取りあげています.建設時のオリジナル図面も掲載,E233系など最新の車両が行き交う足元を支える赤煉瓦高架橋の歴史を感じ取ってください.