REPORT

季節的には少し早いですが,桜を求めて関西本線を旅してみましょう.古い歴史をもつ関西本線,JR東海管内となる名古屋近郊は工業地帯のためそれほどでもありませんが,亀山からJR西日本管内に入り,奈良方面へ進むにつれて古きよき時代の名残を残す駅が登場.中には,かつての「桜の駅」を取り戻そうと苗木を植え始めている駅も見られます.また駅を降りて少し歩けば,沿線に植えられた桜と列車を絡めて見られる場所も少なくありません.たまには車両中心ではなく,こういった列車の旅も良いのではないでしょうか.