西九州新幹線(武雄温泉—長崎間),9月23日に開業

西九州新幹線(武雄温泉—長崎間),9月23日に開業

JR九州は,西九州新幹線(武雄温泉—長崎間)について,開業日を2022(令和4)年9月23日(金祝)とすると発表した.

西九州新幹線(武雄温泉—長崎間),9月23日に開業

 武雄温泉—長崎間の延長は66kmで,駅は武雄温泉と長崎を含めて5駅設置される.既存の在来線駅と併設される武雄温泉・諫早・長崎の新幹線駅の駅名は現行どおりとし,新駅として嬉野温泉(うれしのおんせん),新大村(しんおおむら)が開業する.武雄温泉では,在来線特急“リレーかもめ”と新幹線“かもめ”を,同一ホームで乗り換える対面乗換方式で開業する.
 また車両基地は,新大村駅から武雄温泉駅寄り約2.5kmの地点に大村車両基地(長崎県大村市)が設置される.
 この開業にともない,博多—長崎間は,博多—武雄温泉間を走行する在来線特急“リレーかもめ”と新幹線“かもめ”の乗継ぎにより最速約1時間20分となり,現行から約30分短縮される.新幹線“かもめ”は,JR東海が導入した「N700S」をベースとし,西九州新幹線向けに6両編成としている(鉄道ニュース2021年7月29日掲載記事参照).
 このほか,これまで仮称としてきた大村線の松原—竹松間および竹松—諏訪間に設置される新駅の駅名は,それぞれ大村車両基地(おおむらしゃりょうきち),新大村(しんおおむら)とする.なお,新大村については,新幹線と併設駅となる.大村線新駅の開業時期については,2022(令和4)年度秋ごろとしている.

写真・画像はいずれもJR九州提供