×

北海道新幹線,青函トンネル区間における時速210km運転の対象列車を発表

JR北海道 H5系

写真:JR北海道H5系  編集部撮影  函館総合車両基地にて  2014-11-20(取材協力:JR北海道)

JR北海道は,2020(令和2)年12月31日(木)から2021(令和3)年1月4日(月)までの間,青函トンネル区間で実施する時速210km運転について,対象列車などを発表した.

 対象列車は,上りの“はやぶさ”10号・14号・18号・22号・28号・32号・34号と,下りの“はやて”91号・93号および“はやぶさ”95号・1号・7号・13号・19号の合計14本で,すべての実施列車で3分短縮される.このうち“はやぶさ”7号・13号については,東京—新函館北斗間の所要時間が,3時間55分となり,最速達列車となる.

JR北海道733系1000番台

写真:JR北海道733系1000番台  編集部撮影  函館駅構内にて  2015-12-21(取材協力:JR北海道)

 また,新幹線と接続する“はこだてライナー”については,新幹線にあわせて一部列車(11本)の時刻を変更する.
写真はいずれもイメージです.