北海道新幹線,年末年始に青函トンネル内を時速210kmで営業運転

JR北海道 H5系

写真:JR北海道H5系  編集部撮影  函館総合車両基地にて  2014-11-20(取材協力:JR北海道)

JR北海道は,2020(令和2)年12月31日(木)から2021(令和3)年1月4日(月)までの計5日間,青函トンネル内の上下線において,指定の時間帯に時速210kmでの営業運転を実施すると発表した.

北海道新幹線,年末年始に青函トンネル内を時速210kmで営業運転

 現在,青函トンネル内では安全上の観点から,貨物列車とのすれ違いを考慮し,新幹線は時速160kmで走行している.JR北海道では,これまでに関係機関と連携し,貨物列車とすれ違わない状態で,新幹線を時速200km以上で走行させる高速走行試験を実施してきた.さらに,新幹線の高速走行中に貨物列車が誤進入することを防止するシステムや高速確認車の開発,レールの削正などにより,走行の安全性を確認した.なお,高速走行については,当初下り線のみとしていたが,上り線でのレール削正も完了したことから,上下線での実施が可能となった.
 対象列車は,始発から15時30分ごろまでの間に青函トンネルを通過する新幹線(上下各7本・計14本)で,詳細なダイヤなどについては後日,JR北海道から発表される予定.これにより,所要時間が約3分短縮され,東京—新函館北斗間では,現行最速の3時間58分となる.
 今後は,時速260kmへの速度向上の早期実現を目指すとともに,さらに時間帯区分方式の段階的拡大の可能性についても,社会・経済的効果も踏まえながら,検討を進めるとしている.

特記以外の画像は国土交通省の報道発表資料から