鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
『鉄道ファン』2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号
2024年2月21日発売
定価1250円(税込)
鉄道ファン2024年4月号(通巻756号)
特集 JR東日本の特急車
目次を見る
アンケートdeプレゼント

近鉄・海遊館,4月3日から「海遊館トレイン」を運転

近鉄・海遊館,4月3日から「海遊館トレイン」を運転

近畿日本鉄道と大阪市の水族館「海遊館」は,「海遊館」の開業30周年を記念して,2020(令和2)年4月3日(金)から,ラッピング列車「海遊館トレイン」を近鉄奈良—神戸三宮間で運転すると発表した.

 「海遊館トレイン」は,近鉄の経営理念『「いつも」を支え、「いつも以上」を創ります。』と,海遊館30周年のスローガン「まいにち奇跡。」を掛けあわせ,日常の何気ない移動時間に,海の美しさや生き物の不思議さを感じてもらいたいとの思いから生まれたコラボレーション企画で,5800系1編成(6両)を使用する.運転期間は,約1年間の予定.

近鉄・海遊館,4月3日から「海遊館トレイン」を運転

 車体のラッピング装飾と車内の各種演出は,すべてオリジナルでデザインとした.外観は白を基調とし,海の生き物を淡い色合いで描き,開業30周年を祝う「くす玉」の形をイメージしたモチーフを展開する.
 車内の通路上部にはリボンテープを使用し,カラフルなイソギンチャクをイメージした車内づりを設置する.また,ドアまわりは子どもの目線にあわせた高さに,海や生き物に関連するポエムやくす玉イメージをデザインするほか,ドア横ポスターには生き物の不思議さを伝えるプチメッセージ・ポエム・海のアート作品などを展示する.海のアート作品は手作りで,レジンや本物の砂などを使用して,海の青色や波がつくる砂の模様などを表現した.床面には,海遊館の生き物やメッセージを添えたイラストを展開し,イラストには,実際の写真から型どりをした足跡も描かれる.

画像はすべて近畿日本鉄道提供

このページを
シェアする