東急・東京メトロ,11月1日から渋谷駅周辺における新地下出入口番号の運用開始

東急・東京メトロ,11月1日から渋谷駅周辺における新地下出入口番号の運用開始

東京急行電鉄と東京地下鉄(東京メトロ)は,2019(令和元)年11月1日(金)から,渋谷駅の利便性向上と,まちの回遊性の向上を目的に,渋谷駅前サインガイドラインにもとづいて,東横線・田園都市線・半蔵門線・副都心線 渋谷駅の地下出入口番号を変更するとともに,駅構内の案内誘導サインを改善すると発表した.

 この事業は,2019(令和元)年度に予定されている「渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)」と「渋谷フクラス」の開業,東京メトロ銀座線渋谷駅のホーム移設,渋谷駅東口地下広場の一部供用開始など,渋谷駅中心地区が迎えるひとつの節目にあわせて実施するもの.

東急・東京メトロ,11月1日から渋谷駅周辺における新地下出入口番号の運用開始

 地下出入口番号は,地下を4エリアに分け,各出入口の数字を組み合わせて表記する(当面の間はDエリアを除く3エリア).エリア制を導入することで,おおまかな行先から出入口を想起しやすくする.また,案内誘導サインは,背景色やフォントや配置の考え方が統一されるほか,案内マップも順次増設するなど,初めて訪れる人にもさらに分かりやすい案内誘導を目指す.

東急・東京メトロ,11月1日から渋谷駅周辺における新地下出入口番号の運用開始

 渋谷駅周辺開発では,新しく建設される各ビル(渋谷ヒカリエ,渋谷ストリーム,渋谷スクランブルスクエア,渋谷フクラス,渋谷駅桜丘口地区)において,縦移動の円滑化を目的に「アーバン・コア」が整備され,11月1日(金)には,渋谷スクランブルスクエア第I期(東棟)「アーバン・コア」の本格運用が開始される.各「アーバン・コア」により,地下から地上へのアクセスがスムーズになるとともに,渋谷に課題の一つでもある谷地形がおよぼす駅中心部から周辺の高低差を解消し,歩きやすくする.
 あわせて,渋谷駅東口地下広場が同日に一部供用開始予定であり,渋谷駅宮益坂中央改札からJR東日本渋谷駅などへの乗換えルートが分かりやすくなり,乗り換え時間も短縮される.
 今後も,両社は,渋谷駅前エリアマネジメント協議会をはじめとする関係事業者と連携し,渋谷駅をさらに利用しやすくするため,来街者の利便性向上に向けたさまざまな事業を検討していくとしている.