小田急,2019年度からのトンネル検査業務に三菱電機の「MMSD®II」を採用

小田急,2019年度からのトンネル検査業務に三菱電機の「MMSD®II」を採用

小田急電鉄は,2019年度からトンネル検査業務に三菱電機の「MMSD®II」(三菱インフラモニタリングシステムII)を採用すると発表した.
 同社での従来の検査では,トンネルのひび割れや内空断面の変位を,技術者の目視や定点測定などによって確認してきたが,トンネル検査業務の省力化とさらなる高度化を目指して,「MMSD®II」の導入を決定した.
 「MMSD®II」は,線路上の走行が可能な軌陸車に,8K高解像度ラインカメラと毎秒200万点の高密度レーザーを搭載し,走行中に精度の高い検測を実施するもの.8K高解像度ラインカメラでは,トンネル履工面のひび割れを0.1mmまで撮影することが可能で,高密度レーザーでは,位置座標を持つ毎秒200万点の3次元点群データを収集する.また,2種類の検査データを,独自の技術により統合的に解析することで,ひび割れとトンネル変位の相関関係を詳細に把握することができる.
 小田急電鉄では,この解析結果を,構造物のライフサイクルコストの低減を目指したアセットマネジメントに活用する.将来的には計測や解析などの機能に加えて,計測データに基づくトンネルの健全度の判定を自動化するとともに,その他の土木構築物への適用も検討する.
 なお,「MMSD®II」は,三菱電機が高速道路の検測用に開発したもので,国内の鉄道会社では小田急電鉄が初導入となる.同社では今後,健全度の判定など検査業務の自動化に向けた検証を三菱電機と共同で進める.

写真提供:小田急電鉄

2019年3月26日掲載