富士急行,3月16日にダイヤ改正を実施

富士急行「富士登山電車」

富士急行では,2019(平成31)年3月16日(土)にダイヤ改正を実施すると発表した.
 今回の改正では,富士急行とJR東日本中央本線との直通特急“富士回遊”の運転が開始される(鉄道ニュース2018年12月14日掲載記事参照).
 大月での中央本線との乗換え時間,特急“あずさ”・“かいじ”との接続時間を見直す.これにより,大月での待ち時間が短縮され,乗継ぎ時間は最短5分となる.また,下り列車についても,新宿8:30発から14:30発までの,大月に停車するすべての特急“あずさ”・“かいじ”について,富士急行線の特急列車と観光列車に乗車できる接続時間とする.
 このほか,観光列車「富士登山電車」の運転本数を見直し,大月—河口湖間を現在の平日1.5往復,土休日2往復から,平日2往復,土休日2往復とする.

写真:富士急行「富士登山電車」  編集部撮影  富士急行電車修理工場にて  2009-8-7(取材協力:富士急行)

※写真はイメージです.

2019年2月20日掲載