小田急,3月16日から代々木八幡駅橋上駅舎・新ホームの使用を開始

小田急,3月16日から代々木八幡駅橋上駅舎・新ホームの使用を開始

小田急電鉄では,2019(平成31)年3月16日(土)の始発から,代々木八幡駅橋上駅舎と10両対応ホームの使用を開始すると発表した.

 代々木八幡駅では,新宿—代々木上原間の各駅停車の一部を10両編成として運転するため,2015(平成27)年から橋上駅舎の工事と,島式ホームの新設を進めてきた.今回の,代々木八幡駅の工事完成をもって,南新宿駅,参宮橋駅とともに実施してきた,ホーム延伸工事がすべて完了し,3月16日(土)のダイヤ改正からは,新宿—代々木上原間の各駅停車の一部が10両編成となり,朝のラッシュ時間帯を中心に都心方面への更なる輸送力増強が図られる.

小田急,3月16日から代々木八幡駅橋上駅舎・新ホームの使用を開始

 橋上駅舎は,鉄骨造りの地上2階建てで,洗練されたシャープな外観が特徴.大形ガラスから採り入れる自然光や,内装に使用した木材により温かみを感じる空間とするとともに,自然換気を取り入れ,環境に配慮している.また,改札の内外にエレベータを設置するなど,バリアフリーにも対応している.

小田急,3月16日から代々木八幡駅橋上駅舎・新ホームの使用を開始

 また,新設される島式ホームは,ホームドアを設置して安全性を格段に向上させたほか,上り線側の一部ホームと車両の隙間が広い部分には可動ステップを設置した.
 今後は,自由通路におけるエスカレータを北側に1基(上り)・南側に4基(上り・下り)設置するほか,改札階から山手通りへの連絡通路と南北の自転車専用横断橋の設置が進められ,いずれも2019年度中に完了する予定となっている.

写真はいずれも小田急電鉄提供

2019年2月20日掲載