北大阪急行,南北線延伸区間の新駅の名称を「箕面萱野」「箕面船場阪大前」に正式決定

北大阪急行電鉄 9000形3次車

北大阪急行では,南北線延伸区間の新駅の名称を「箕面萱野」「箕面船場阪大前」に正式決定したと発表した.
 これは,箕面市による新駅の駅名候補案の公募結果をふまえ,2018(平成30)年6月に開催された「北大阪急行線 延伸線駅名検討会議」で候補案(箕面萱野・箕面船場阪大前)が決定し,箕面市から北大阪急行電鉄に対して提案されていたもの(鉄道ニュース6月8日掲載記事参照).候補案は市民や地元団体のの意見や要望が反映されていることから,候補案をもって,北大阪急行電鉄より国および大阪府へ手続きを行ない,正式決定した.  延伸区間は千里中央—箕面萱野間の約2.5kmで,2020年度の開業を目標としている.

写真:北大阪急行電鉄 9000形3次車  松本洋一撮影  桃山台にて  2016-3-1

※写真はイメージです.

掲載

鉄道ファン2018年12月号

鉄道ファン2018年12月号(通巻692号)
発売日:2018年10月20日
特別定価(本体1139円+税)