JR西日本,“花嫁のれん”・“ベル・モンターニュ・エ・メール”の運転計画を発表

JR西日本キハ48形「花嫁のれん」

写真:JR西日本キハ48形「花嫁のれん」  編集部撮影  金沢総合車両所にて  2015-8-21(取材協力:JR西日本)

JR西日本キハ40 2027「ベル・モンターニュ・エ・メール」

写真:JR西日本キハ40 2027「ベル・モンターニュ・エ・メール」  編集部撮影  金沢総合車両所にて  2015-9-8(取材協力:JR西日本)

JR西日本は,七尾線で運転している観光列車“花嫁のれん”および城端線・氷見線で運転している観光列車“ベル・モンターニュ・エ・メール”(通称:べるもんた)について,2018年3月から2019年2月までの運転計画を発表した.
 金沢—和倉温泉間で運転される観光列車“花嫁のれん”は,2018(平成30)年3月2日(金)から2019(平成31)年2月24日(日)までの金曜日と土日祝日および多客期に,1日2往復運転する.運転日数は2017(平成29)年に比べて2日多い,合計167日となる.なお,2018(平成30)年5月から7月にかけては車両検査にともない,運転しない.
 観光列車“ベル・モンターニュ・エ・メール”は2018(平成30)年3月3日(土)から2019(平成31)年2月24日(日)まで,土曜日は城端線(高岡・新高岡—城端駅間),日曜日は氷見線(新高岡・高岡—氷見駅間)で,1日2往復運転する.運転日数は2017(平成29)年と同様,合計102日となる.

掲載