北近畿タンゴ鉄道,リニューアル車「くろまつ」を導入

北近畿タンゴ鉄道,リニューアル車「くろまつ」を導入

写真:「くろまつ」の外観と内装のイメージパース(北近畿タンゴ鉄道のプレスリリースから)

北近畿タンゴ鉄道は,開業当時から活躍する普通車両を全面リニューアルした「くろまつ」を導入すると発表した.
 2013(平成25)年に営業運転を開始した「あかまつ」・「あおまつ」に続き,水戸岡鋭治氏による「松」をモチーフとした統一感のあるデザインで,漆黒の車体と落ち着いた雰囲気の内装が特徴.車内は天然木を使うことで落ち着いた雰囲気とし,レストランやカフェ,和食処にも演出できる空間となる.また,車内にキッチンを設け,あたたかい食事や冷たい飲物などを提供する.
 2014(平成26)年5月25日(日)に営業運転を開始し,金・土・日曜および祝日の定期コースでは「スイーツ」・「ランチ」・「地酒」の3コースが設定される.平日は団体貸切列車として予約を受け付ける.

新着ニュース画像

ニュースを投稿する

鉄道ニュースの投稿は「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.

鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.