南海,8300系を導入

南海,8300系を導入

南海電鉄では,南海線に新形通勤車両8300系を導入すると発表した.
 車両先頭部の角を大きく丸め,車体上部から下部にかけて一体感がある,親しみを持てる外観デザインとする.日本で初めて狭軌用全閉内扇形主電動機を本格採用し,車内外への騒音低減を図る.室内では,座席シートは従来よりはっきりとした大きなドット柄を採用する.そで仕切の色調をシートと揃えることで,まるで個室にいるようなくつろげる空間を演出する.液晶ディスプレイ式の車内案内表示器を採用し,4ヵ国語による表記や画像を用いた多彩な情報案内を行なう.客室内および出入口ドア窓には複層ガラスを採用し,保温・遮熱性を高める.
 8300系は,4連5本を導入し,2015(平成27)年秋から営業運転を開始する予定.

写真:南海8300系の外観(上)と内装(下)のイメージパース(南海電気鉄道提供) 

鉄道ファン2015年5月号

2015年3月21日発売
定価(本体1046円+税)

原稿募集中

鉄道ニュースの投稿は,「POST/鉄道ニュース投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.
 鉄道ニュースについてはこちらもご覧ください.

上へ