RM LIBRARY 205 「はつかり」「はくつる」の時代

「はつかり」「はくつる」の時代

上野〜青森間の二大特急として,蒸気機関車のけん引が主力だった時代から長い歴史を有した,特急“はつかり”と寝台特急“はくつる”について,その誕生から終えんまでの変遷を,この分野の第一人者である三宅俊彦さんがまとめた一冊です.両列車とも東北新幹線の八戸開業にともない廃止されましたが,本書ではとくに,筆者の的確な記述と資料とともに貴重な映像,記録の数々が収録されており,これらの列車に関する決定本といった印象を強めています.

著者三宅俊彦
発行ネコ・パブリッシング
仕様B5判 48ページ
定価本体1250円+税
発売日2016年9月20日
購入するRM LIBRARY 205 「はつかり」「はくつる」の時代をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2016年11月号掲載| ネコ・パブリッシングの記事一覧