交通新聞社新書 099 発掘! 明治初頭の列車時刻 鉄道黎明期の『時刻表』空白の20余年

発掘! 明治初頭の列車時刻

わが国の鉄道の運転,運輸の歴史について長年にわたり研究されてきた著者が,鉄道のれい明期で,「『時刻表』空白期間」にあたる時期の鉄道に関する歴史,事実を明らかにしようとこころみた,この分野に関心を抱く皆さんにはたいへん興味深い一冊です.日本に鉄道が開業したときから明治27年10月までの22年間は,市販の『時刻表』がなかった空白の期間とされているところに着目,この期間の種々の資料を収集,体系化して当時の列車の状況をまとめたもので,これはなかなかの労作です.

著者曽田英夫
発行交通新聞社
仕様新書判 224ページ
定価本体800円+税
発売日2016年8月19日
購入する交通新聞社新書 099 発掘! 明治初頭の列車時刻 鉄道黎明期の『時刻表』空白の20余年をamazon.co.jpで購入する
■電子書籍(電子判)
※電子書籍の価格は取扱い店舗により異なります.
購入する交通新聞社新書 099 発掘! 明治初頭の列車時刻 鉄道黎明期の『時刻表』空白の20余年をamazon.co.jpで購入する
鉄道ファン2016年11月号掲載| 交通新聞社の記事一覧