×

長野総合車両センターで209系0番台が2編成並ぶ

長野総合車両センターで209系0番台が2編成並ぶ

京浜東北線で「最後の209系」として活躍していた,もとウラ52編成ですが,2010(平成22)年2月に長野総合車両センターまで配給輸送され,その後中間車4両は解体,残った6両は分割されて留置されていましたが,2011(平成23)年10月に入り,6連に組成しなおされました.
 その結果,もとウラ59編成(写真右)と京浜東北線色の209系同士が並ぶ姿を見ることができるようになりました.

写真:長野総合車両センターにて(敷地外から撮影) 2011-10-29
投稿:筒井 宣之

2011年10月29日掲載

原稿募集中

「209系情報局」では,209系に関する話題を随時募集しております.投稿は「209系情報局 投稿フォーム」からどうぞ.投稿にあたっては,画像に関する注意事項を必ずお読みください.