鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
『鉄道ファン』2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号
2024年5月21日発売
特別定価1350円(税込)
鉄道ファン2024年7月号(通巻759号)
特集 JR車両ファイル2024
目次を見る
アンケートdeプレゼント

ハピラインふくい,開業ダイヤの概要を発表

2024(令和6)年3月16日(土)にJR西日本から福井県内の北陸本線の鉄道事業を引き継ぐ,ハピラインふくいでは,開業時のダイヤについて,概要を発表した.
 利用者が多い朝夕の通勤・通学時間帯の福井—芦原温泉間,武生—福井間を中心に運行本数を増やし,1日あたり131本の列車を運転する.最も利用が多い武生—福井間については,日中は毎時2本の運転とする.日中時間帯は,おおむね毎時一定時刻に駅を発着するパターンダイヤとする.特急列車がなくなり,普通列車中心の運行となることから,特急列車の通過待ち時間が解消でき,敦賀—福井間で最大19分,福井—金沢間で最大26分,普通列車の所要時間が短縮される.
 朝・夕の通勤・通学時間帯の利便性向上や特急列車からの転換などにより,一定の需要が見込まれる敦賀—福井間では,快速列車を朝方4本,夕方4本運転し,加えて米原から敦賀・福井方面の最終“しらさぎ”廃止にともなう代替列車との接続列車として,敦賀発福井行きの快速列車を1本運転する.快速列車は,沿線市町の主要駅に停車し,普通列車に比べ敦賀—福井間での乗車時間を約10分短縮し速達性を向上させる.
 福井・石川県境をまたがる利用者のために,IRいしかわ鉄道線と相互に乗り入れ直通運転が行なわれるほか,越美北線についてはこれまでどおり福井までの直通運転が実施される.

このページを
シェアする